「巨大地方都市・東京」をリアルに変革できるのは誰か!

  • 冨山和彦(株式会社経営共創基盤(IGPI)代表取締役CEO)
  • 2016年7月28日

http://politas.jp/features/10/article/561


さすがの冨山さん。

前半部分に激しく同感しめす。

特に以下、

>今の生活コストを前提に東京が「人口のブラックホール」から脱却するには、そこで行われている経済活動の生産性と賃金レベルを今の1.5倍から2倍くらいに引き上げる必要がある。

そう思います。
あれだけ人が集まれば、生産性は上がりますので。

そして、地方交付税も今の1.5倍から2倍くらいに引き上げていただきたい。

地方は、子供/人をキュレーションするだけで対価をほとんど得ていないので。
よく考えるとひどいです。

良記事でした。
★保存版★政治★冨山和彦さんの記事を読んで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。